21.03.31

喜八の出来事140

2021年の始まりにご挨拶をしてから瞬く間に2か月以上が過ぎました。札幌は例年よりもグッと雪も少なく、マチなかでは殆ど雪を目にすることもないですが、道内では度々ニュースにもなっていた岩見沢の大雪を筆頭に、今冬は大雪に泣かされた地域も多かったように思います。
それでも新年度を迎えようとするこの頃は、木々の芽吹きも日ごとにぐんぐん変化していて、春への期待が高まる季節になってきました。

昨秋に札幌市内に完成しました「みんなのいえ」は、ご高齢のお父さまとの二世帯住宅ですが、お孫さんも含めたご家族みんな十数名が良く集まる家で、その家族を迎え入れるスペースの確保も大きな要望のひとつでした。
それともうひとつ。20年以上も前から地域の人々と共に子育て支援を中心とした地域活動を大切にされてきたご夫妻の、この家を地域に開放したいというご意向にも応えようと設計された住宅です。
新たな生活がスタートして約半年ですが、これまでにもいくつかのイベントなどが開催されているようすで益々楽しい「みんなのいえ」となることを楽しみにさせてもらっています。
 
因みに4月1日~4日(11:00~17:00)の日程で「マーケットin みんなのいえ」が開催されるようです。
興味がありましたら是非お運びください。

<< 前の記事

戻る