20.07.01

喜八の出来事136

2020年の年明け早々に「出来事135」で新年のご挨拶をした後にコロナ禍の日々となり、すっかり日常生活を剥ぎ取られてしまったような感覚に陥り、「出来事」もアップしないうちに半年が経ちました。
4月からは喜八に新スタッフの野口くんも加わり、新体制で…となりましたが途端にテレワーク導入で各々が在宅で仕事をこなす状況となり、スタッフ同士が顔を合わせる機会も殆どなくなってしまいました。








6月に入り、在宅勤務を止め通常通り喜八に出勤することにはなりましたが、事務所内で弁当などを食べる時にも適度な距離を保つことを意識してきました。
6月22日。本当に久しぶりに喜八の台所(キッチン、ではないのです。佇まいが「台所」なのです)で賄いカレーを作り、ひとつのテーブルを囲んでスタッフ全員で、現在動いているプロジェクトの進捗状況や其々の近況などを話しながら食事をしました。
勿論、引き続きコロナに対する注意はし続けますが、スタッフみんなで「同じ釜の飯を食う」を実践した今日は少し晴れやかな心持ちとなり、日々意識しないなかで当たり前に過ぎていた「日常」に一歩近づけた時間でもあったように思います。


<< 前の記事

戻る