19.06.13

喜八の出来事130

2018年10月に完成した住宅「重箱(ちょうそう)の家」が、5月19日発売の『新建築 住宅特集6月号』に掲載されました。
今回の特集は「土間・テラス―関わりをつくる住まいのあり方」。
重箱の家で実践したテラス(外間)や下屋が、寒暖の差が大きな北海道における豊かな中間領域と感じてもらえると嬉しいのですが…。


薪ストーブを中心に据えたこの家は、空気の流れを止めないよう、ひとつながりの空間になっています。完全に区切られた個別空間を持たないひとつながりの場で、家族4人で暮らすことを選択してくださったご夫妻をはじめ、完成のために汗を流してくださった工務店以下、関係者のみなさまにもこの場を借りて改めてお礼申し上げます。

<< 前の記事

戻る